Q&A

よくある質問

手続きの流れをQ&Aに沿ってご紹介

不動産の売却手続きを行う過程で、多くの方が悩まれる点や疑問の生まれやすい点について、項目を絞ってQ&Aを掲載しております。これから売却を検討されている方に参考としてご覧いただけるように、売却手続きをサポートしてきた中で、実際にお客様から多くいただいてきたご質問をまとめてご紹介しております。個別のご相談、ご質問もいつでもお答えしております。
Q 売却までにリフォームは必要ですか?
A

買主さまの好みの問題もありますので、一般的にはリフォームは必要ありません。

Q 販売価格は途中で変更可能ですか?
A

販売価格の変更は可能です。

直近の近隣物件の売出価格や成約状況を考慮した上で価格を見直すケースが多いです。

Q 売却できるまでどのくらいの期間が目安になりますか?
A

売却のご相談から売却物件の販売活動、売買契約、お引き渡しまで、おおよそ3ヶ月から6ヶ月を目安です。

※物件や売却方法にもよって変わりますのでご相談ください。

Q ローンの残っている不動産の売却は可能ですか?
A

住宅ローンを完済できる場合は、問題なく家を売ることができます。

Q 住宅ローンの返済が苦しいのですが、どうしたら良いですか?
A

状況に応じて考えられる解決方法をアドバイスいたしますので、一緒に考えて判断しましょう。

Q 任意売却とは何ですか?
A

任意売却とは、住宅ローン等の借入金が返済できなくなった場合、売却後も住宅ローンが残ってしまう不動産(債務超過物件)を債権者の合意を得て売却することです。

Q 競売が始まってしまってからでも任意売却できますか?
A

競売が始まっても、競売手続と並行して任意売却を進めることができます。

ただし、競売が始まっている場合にはタイムリミットがあり、任意売却できるのは落札者が決まる開札日の前日までとなります。

Q 空き家のリフォームを検討してるのですが、リフォーム事業者の紹介もしていただけますか?
A

はい。当社と提携しておりますリフォーム事業者のご紹介も行っております。

Q 空き家を相続したのですが売却するのに必要な手続きはありますか?
A

複数の法定相続人がいる場合、「遺産分割協議」を行って、所有者を特定する必要があります。
そして、不動産の名義を相続人に移す「相続登記」という手続きを行う必要があります。
不動産を売却する際には名義人が複数いる場合には全員の承諾がなければ完全に売ることが出来なくなります。

Q 親の住んでいた家を相続しました。売却を検討していますが、最初にやるべきことは何ですか?
A

相続した不動産を売却する際には、相続による所有権の移転登記をしなくてはなりません。

売却を検討しているのであれば、相続登記を済ませておくとよいです。

Q 相続の手続きに、期限はあるのでしょうか?
A

相続が起きると納税までの期間は10ヶ月と短く、時間との戦いです。そのためにも、生前にできる対策はしておくとよいでしょう。

Q 財産分与とは?
A

離婚した妻に対して、夫が財産を分け与えることを指しますが、お金や家や家財道具、車などがその対象となる財産になります。